ユニット全体の調整 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2011/06/28

ユニット全体の調整

ユニット全体の調整を行いました。

終段のバイアス調整は、調整VRがセンターに有ることを確認して行わないと、FETに大電流が流れFETを壊します。私の場合は、電源(FETの電源)にヒューズ2Aを入れていますので、大電流は流れません。これで、何回助けられたか分かりません。
 

 
調整は無事、終了致しました。バイアス電流500mA、かなり安定していて、1時間ほど通電して10mA~20mAの変化でした。オフセット電圧は10mV位で、問題ありません(写真右側のテスターです)。
もう一台作らなければ成りません。これも上手く行くでしょう、たぶん。

コメント

No title

こんばんは!
地道な作業ですネ
過電流で壊れやすい半導体は
要所要所にヒューズを入れるんですね!
完成したら、
最後は取っ払っちゃうんですか?

No title

ひでじさん、 お早う御座います。

>地道な作業ですネ
スピーカーのネットワークの調整に比べれば、たいした事では無いです。

>要所要所にヒューズを入れるんですね!
安全を考えたて、ヒューズを入れて調整等を行う様にしています。新しい回路等で実績のない場合は、アンプが安定するまでヒューズは入れおいて、安定してからヒューズを外しています。やはり、ヒューズを外すと音質が良くなりますね。

No title

お早うございます。

流石ですね、順調に仕上がっているようですね。
やはり、初期段階にヒューズは保険ですね。
私の場合、それと同時に電源をいれて暫くは部品を触ってみます。
電流値に異常のある物は急激に温度があがりますので、早期発見ができます。

No title

Chaosさん、 こんにちは、

有難う御座います。

最初の段階では、ヒューズは入れないとダメだと思います。この方がヒューズ代金だけでよいので安く上がります。
また、ヒューズの切れ方で、過電流の状況も分かりますね。
私も部品を触り確認しています。それで、前回のアンプで火傷をしました。
臭いにおいがしたので、部品を触ったら、かなりの高温に成っており火傷です。

No title

なる程ヒューズで保険かけるのですねまた、製作スピードも早いですね音質評価、楽しみです

No title

こんにちは。

私はそそっかしいので、アンプが完成しても、フューズは入れておきます。

アンプを使い出してから、1年に1回程度行うアイドリング電流やDC漏れの
確認の際にも有効です。

No title

いさおさん、 お早う御座います。

有難う御座います。
調整時は、ヒューズを必ず入れるようにした方が良いです。 ヒューズは、トランジスター等の部品より値段が安いので、出費が減ります。

No title

兵庫の耳悪オヤジさん、 お早う御座います。

兵庫の耳悪オヤジさんもヒューズを入れてますか、何時、人災で壊れるか分かりませんので、入れた方が良いですね。
また、安全性を考えるとアンプが安定してからヒューズを外すのが正解だと思います。

No title

おはようございます。

これだけ測定機器がそろっていると専用の作業台が欲しく成りますね
>調整は無事、終了致しました
このアンプどれ位の出力が有るんですか。

No title

ウッドさん、 お早う御座います。

回答遅れて済みません。
>これだけ測定機器がそろっていると専用の作業台が欲しく成りますね
専用の作業台が欲しいところですが、自分の部屋もないし、現在、測定器類を邪魔扱いされています。
>このアンプどれ位の出力が有るんですか。
製作本には、A級15Wと書いてありますので、A級で15W、最大出力が40W位だと思います。大きな部屋で、ガンガン鳴らすのであれば、少しパワーが足りませんが、普通の部屋なら問題ない出力だと思います。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR