信号ラインの内部配線 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2010/12/14

信号ラインの内部配線

アンプ作成時、信号ラインの内部配線材の選定で何時も悩みます。
 
昔は、インピーダンスの高いところはモガミ電線のNEGLX 2511(低容量シールド線)、インピーダンスの低いところには、NEGLX 2497を使ってましたが、共に音は良いのですがケーブル形状が太く扱い辛いので、現在は、昔オヤイデさんで購入した2芯のシールド線(単結晶状無酸素銅線)を使用してます。※製造中止品ですので、新しいシールド線を探さないといけません。
 
シールド線の使用ヶ所に付いては、信号ラインのインピーダンスとケーブルの長さで、シールド線にするか単線にするか決めてます。
 
信号ラインの長さが200mm以上ある場合はシールド線を使い、短い接続では撚り線か単線を使ってます。また、インピーダンスの高い部分は、外部からの影響を受け易いので、なるべく シールド線を使うようにしてます。
 
 
次に、ノイズについて、参考になるか如何か分かりませんが書いてみます。
 
ノイズ :
ノイズには、電界性ノイズ(静電誘導ノイズ)と磁界性ノイズ(電磁誘導ノイズ)の2種類のノイズが有ります。「静電ノイズ」、「誘導ノイズ」と良く言います。
交流電圧、電流の有るところには、静電ノイズ誘導ノイズは必ず発生します。これらのノイズは空中を飛びます。
 
シールド線にすれば、全てのノイズをカットできるのか :
普通のシールド線は、静電ノイズはカットするのですが、誘導ノイズにはあまり効果が有りません。
 
誘導ノイズをカットするには :
誘導ノイズをカットする方法として、珪素鋼板等の透磁率の高い材料でシールドする(トランス等に使ってます)。この材料を扱うのは大変ですので、もう少し簡単にできる方法はないか、「ツイスト」です。 信号ライン等の平行線をよる(ツイスト)だけです。誘導ノイズをカットする方法ではないのですが相殺効果があります。
下の絵を参考にして下さい。

                                   <ウィキペディアより>

部品配置や配線 :
アンプの内部配線等で、電気的なループが形成される場合は、その面積をできるだけ小さくする。
回路や配線でできたループは、ループアンテナになりますので、ノイズを出したり受けたりします。このループの面積を小さくします。


この辺を試行錯誤しながらアンプを作ってます。

コメント

No title

こんばんは、
わたしは基本的にラインレベルではシールドは使いませんが、フォノイコでは使う場合があります。blogにアップしているフォノイコは使っていません。

コネクターから回路基板までを最短にして、電源は左右独立にして逃げています。いい加減な配線でも、左右独立はかなり効きますね。
あとは、徹底的に低インピーダンス回路にして電流を流すようにしています。これで容量の小さいノイズは圧縮されますね。

No title

なる程 なる程シールド線とツイストですねシールド線は太めになり レイアウトが難しくなりますね…ツイストは結構いいかもです

No title

おはようございます、

勉強に成ります、私のチャイナアンプの入力配線は47研の単線です、
影響は無い様に感じます、最近のメーカー製はケーブルなど無く
端子が直に基板に半田付けされていますね。

No title

どまんなかさん、お早う御座います。

>わたしは基本的にラインレベルではシールドは使いませんが、フォノイコでは使う場合があります。

基本的には、シールド線を使いたくないのですが、や

はりノイズには勝てなく使ってます。

基板や部品等のレイアウトでかなり違ってくると思い

ます。

>あとは、徹底的に低インピーダンス回路にして電流を流すようにしています。

これが一番効果が有ると思います。

No title

いさおさん、お早う御座います。

内部配線は、ケースバイケースですので、色々と検討

する必要があります。

でも、ツイスト線は、安くて効果が有りますよ。

No title

ウッドさん、お早う御座います。

特にインピーダンスの高いところでは、気を付ける必

要が有ります。

これも状況により違いますので、もし、ノイズの影響

を受けているようでしたら、試してみて下さい。

>最近のメーカー製はケーブルなど無く端子が直に基板に半田付けされていますね。

製造工数の削減(コネクター等への手ハンダが無くな

る、人件費)と、コストダウン(線材がいらない)でや

っていると思います。

また、線材を使用していると線材の引き回しで、ノイ

ズが変わる場合等が有るので、量産製品の品質の安定

にも繋がると思います。

No title

こんばんは!
シールド線も、奥が深そうですネ
やっぱり、音への影響が大きそうですので
短ければシールド線を使わず、より線にした方が良さそうですね
勉強になります
ポチッ☆

No title

ひでじさん、こんばんは、

有難う御座います。

シールド線も完璧ではないので、短い距離であれば、より線の

方が良いと思います。 また、シールド線は、容量を持っていま

すので、アンプの入力に使うと入力容量が増え高域の周波数特性

が悪くなる場合も有ります。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR