帰還の恩恵はどこまで? - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2020/07/28

帰還の恩恵はどこまで?

真空管アンプでは珍しいことではありませんが、半導体で無帰還のアンプを作るのには、「温度での安定性」、「SP端子のオフセット電圧」などの問題を解決しないといけない点が多くあります。

話しは、無帰還アンプではなく負帰還(NFB)アンプです。
無帰還に拘る方もおられますが、これを使わない手はないと思います。
では、帰還を掛けた場合(使った場合)は、何処の部分までその恩恵を受けるのか下の図に示しました。
20200728_01
図は、一般的なOPアンプで回路を構成しています。
点線で囲っている部分について説明してゆきます。

入力側のコンデンサ(C1)や抵抗(R1、R2)のグループと、出力側のコンデンサ(C2)や抵抗(R5、R6)のグループは、負帰還(NFB)ループの外側ですね。
この部分は帰還の恩恵を受けません。
そして赤色の点線、NFB量を決めるNFB抵抗(R3、R4)です。
実はこれも帰還の恩恵を受けません。

従って、これらの部品は、歪みやノイズに対して良い部品を使う必要があると言うことです。
特にNFB量を決定するNFB抵抗(R3、R4)は、良質な物を使う必要があります。


「ブログ村」に登録しています。
↓↓ 宜しければ下のアイコンをクリック願います。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR