完全差動アンプをもう少し調べてみる - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2020/05/20

完全差動アンプをもう少し調べてみる

参考になる完全差動アンプの回路は無いかと色々と探してみました。

調べると、EL5176、 EL5178、EL5378と言うOPアンプを発見しました。
このアンプ、正確にはDifferential Twisted-Pair Driverと言うアンプで、参考になる等価回路が有りました。
20200520_01
Vocmエラーアンプの出力を、上側のトランジスタのエミッターに負帰還として戻しています。
この方法も有りますね。


次が、LT1994の簡略回路です。
20200520_02
あまり参考になりませんが、下側に有る「CM ADJUST」回路が気になります。


あと、こんな回路も探しました。
DENON PRA-2000RGのInverted ΣBalance回路です。
20200520_03
右側のOPアンプのところが歪み除去回路?だと思います。
OPアンプの部分は、完全差動アンプのVocmエラーアンプとは違う使い方です。
同相負帰還にしていませんね。
このプリアンプの発売が1990年頃ですのでかなり前の回路ですね。
この回路も参考になります。


前回の課題でありましたディスクリート型のVocmエラーアンプの改良版も考えました。
https://x2020.blog.fc2.com/blog-entry-506.html#topentry_title
前回は、2石の差動アンプでしたので如何してもアンプのゲインが足らなくOPアンプ型のVocmエラーアンプとの性能差がでてしまいました。
そこで差動アンプの負荷を定電流負荷にして、ゲインをアップしました。
下の回路図となります。
20200520_04
前回は差動アンプのソースにFETの定電流回路を使っていましたが、今回は二段目のダイオードで構成さているバイアス電圧の部分から電圧を貰いトランジスタの定電流回路を採用しました。
こちらの方がシンプルかなと思っています。

問題の OPアンプ型のVocmエラーアンプとの歪み特性の比較が下の図となります。
20200520_05
赤い線がOPアンプ型のVocmエラーアンプで、緑の線が今回のディスクリート型のVocmエラーアンプとなります。
だいぶ、OPアンプ型に近づいたと思います。
偶数次の歪みが少し多いかなとは思いますが、これ以上部品を増やしたくないのでこれでOKとします。
前回も書きましたが、課題もあります。
定電流回路の電流値で、オフセット電圧も動いてしまう問題です。
実際に回路を組んでの確認が必要ですね。



「ブログ村」に登録しています。
↓↓ 宜しければ下のアイコンをクリック願います。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR