バランス型オールFETヘッドフォンアンプの改良版 (5) - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2020/04/12

バランス型オールFETヘッドフォンアンプの改良版 (5)

新型コロナウイルス問題でAK4499 DACのファームウエアーの開発が進んでいな状態なので、こちらのヘッドフォンアンプを進めています。
早く新型コロナウイルス終息して欲しい!

今週、バランス型オールFETヘッドフォンアンプが聴ける状態まで組み上がったので試聴してみました。
20200412_01
20200412_02
エージングは、12時間ほど行っています。
システムは、DAC ES9038PRO(Quad) ⇒ ボリュウーム(50kΩ/ 20kΩ) ⇒ ヘッドフォンアンプ ⇒ ヘッドフォン(MDR-CD900ST、MDR-Z1000) で試聴しました。
20200412_03
ヘッドフォンアンプのファイナル段の石がMOS-FETなのか力強い低音が出ています。(トランジスターアンプと少し違う音です。)
高域は、若干キラキラした部分が感じられますが、聴いて行くうちに無くなるでしょう。
奥行きも試聴する曲によりますが良い感じです。

保護回路を追加して試聴しました。↓
20200412_04

ファイナル段のMOS-FETのバイアス電流を15mA~60mAで変化させて試聴しましたが、一概に電流を多く流せば良いとも言えないようです。(放熱器の関係でバイアス電流は60mAが最大です。)
試聴する曲でも変わります。
クラシック系の曲では、バイアス電流を60mA流した方がクリアーで分解能の高いと言う印象でしたが、少し元気系のフュージョンでは、バイアス電流を15mAの方がパワフルに感じました。
因みに前回製作したヘッドフォンアンプのバイアス電流は15mAでしたが良い音でなっています。
今回は25mAで設定する事にしました。
また、二種類(50kΩ/ 20kΩ)のボリュームを繋ぎ替えて聴いてみましたが、微妙ですが20kΩの方が音がクリアーな感じがしました。

アンプをケースに入れるとまた音は変わります。




「ブログ村」に登録しています。
↓↓ 宜しければ下のアイコンをクリック願います。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

コメント

一枚の基板に纏めて有るんですね。
中々の出来だと思います。
欲しい。

No title

Hi-Fiさん、 こんにちは、

ありがとうございます。
接続ケーブルの数を減らす目的で一枚基板にしました。
やはりケーブルは注意ですね。
また一枚基板だと基板の強度が弱くなるので基板の止めネジは5ヶ所にしました。
今回、基板が大きく成ってしまったので、どの様なケースに収めるか悩みます。w

さすが 素晴らしい出来ですね(^-^)!

販売するなら、おいくらになるのでしょうか?

お話は変わりますが、アメーバブログから、Xさんのブログにアクセス出来ませんでした。

ですので、探すのが苦労しました。

原因は何でしょうか?。。。

No title

666audioさん、 こんばんは、

ありがとうございます。

>販売するなら、おいくらになるのでしょうか?
12~15万円くらいでしょうね。
使用しているFETとトランジスタが全て製造中止品で構成しているのでこのくらいの値段になります。
また、FETのコンプリペアーは1%でペアーを組んでいます。
FETのコンプリペアーは、玉数が少ないと中々組めません。

>アメーバブログから、Xさんのブログにアクセス出来ませんでした。
>ですので、探すのが苦労しました。
私が666audioさんのブログに書いたアドレスが間違っていたのでしょうね?
済みませんでした。

15万円になりますか。。致し方ありませんね。

秋月電子には、セカンドソースたる石が色々ありますが、安くつくと思います。

が、音質はどうなるか分かりません。

わたしもこれらを屈指し、メーカー製アンプを修理しましたが、きちんと動作はしました(^-^)!

現在でも、イサハヤ電子株式会社が、トランジスタ、FETを製造しています。

早速わたしも、イサハヤ電子のfetを購入し、修理に使った事があります。

自作アンプの製作にも、ご参考下さいませ(^-^)。

No title

666audioさん、

代替品も探していますが、オーディオ用として良いFETは中々ないですね。
特に安い高gm品は全然無いです。
高周波用のFETをオーディオに使って人もいます。

>イサハヤ電子株式会社が、トランジスタ、FETを製造しています。
イサハヤ電子株式会社は、名前は変わりましたが三菱電機が分離して出来た会社なので物はしっかりしていますね。
ただ、自分が欲しいFETが有りませんでした。

ディスクリートのアンプ製作者には辛い時代です。


そうですね。トランジスタの入手は、一段と厳しくなりました。

10年前には、安く買えたのも沢山あります。

当時に 買いだめしとけば良かったと思いますが、当時は金がありませんでした(爆)。

最近、2sa1186、2sc2837を、自作アンプ用兼 販売用に爆 仕入れしましたが、あまり売れません(爆)。競争率が高いですね。

わたしの自作アンプは、FETは一つも使用しません。

しかし、物凄く良い音質を奏でます。

Xさんも、FETをなくし、 ALL バイポーラトランジスタの回路構成にされては、いかがでしょうか?

かなり製作しやすいと思いますよ(^-^)!

No title

666audioさん

2SA1186と2SC2837は、サンケンのオーディオ用のパワートランジスタでしたよね。
製造中止品に成っていて入手し辛い石ですね。

666audioさんは、アンプの初段はFETでなくトランジスタなんですね。
私は電流ノイズとDC化の関係で初段は何時もFETを使っています。

>FETをなくし、 ALL バイポーラトランジスタの回路構成にされては、いかがでしょうか?
アンプは何台か作ってきて、その結果FETアンプに辿り着いた感じです。
自分はFETアンプの音が好きです。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR