AK4499 IV変換アンプ案その3 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2019/11/07

AK4499 IV変換アンプ案その3

前回はディスクリートのIV変換アンプを考えましたが、OPアンプ+BufferアンプICも有りかなと思っています。
OPアンプのお尻にBufferアンプLME49600を繋げて電流を稼ぐ方法です。

■LME49600
BufferアンプIC LME49600
このBufferアンプICは、ヘッドフォン用のバッファICでスルーレート2000V/usと凄い値です。
因みにこのスルーレート2000V/usはこのBufferアンプIC単体の場合です。
このBufferアンプICの前に繋げるOPアンプのスルーレートがほんとのスルーレートですので間違わないようにして下さい。
また、歪み(THD+N)の0.000035%は以下の回路を組んだ時のデーターです。

■OPアンプ+ LME49600
OPA+ LME49600
帰還を多く掛けた時の値です。

エソテリックのプリアンプC-02に使われていました。
https://x2020.blog.fc2.com/blog-entry-181.html#topentry_title

回路構成が簡単になるので OPアンプ+ LME49600 も使ってみましょう。

秋月LME49600:
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02331/
ディスコンマークが付いていますね。
入手困難になるかも?



「ブログ村」に登録しています。
↓↓ 宜しければ下のアイコンをクリック願います。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR