AK4499 DACの基本構成を考える(2) - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2019/10/01

AK4499 DACの基本構成を考える(2)

リセットさんと話がついて主な仕様が決まりました。
基板は、DAI基板、DAC基板、IV基板の3基板で進めることになりました。

◆ DAI基板 ◆
・制御系マイコン:(ESP-WROOM-02)
・操作系:リモコン、エンコーダ等
・入力系:SPI光(2)、SPI同軸(2)、I2S(2)、I2Sストレート(1)、USB-COBM384(1)、HDMI(1)
・処理系:DAI(DIX9211)、ASRC(AK4137)、JC(Si5317)
・出力系:I2C(2)、I2S(2)、MUTE(2)、HDMI(1)
※ファームウエアの更新は従来と同じネットワーク(Wi-Fi)に繋げて更新します(3クリックで更新可能です)
※入力系はDA1と同じ9入力、XMOSはI2Sストレート接続
※ASRC回路をDAI基板に入れます(DA1では別基板)
※出力系にHDMIを入れてみます


◆ DAC基板 ◆
・DAC Dual仕様:基板1枚、DAC Quad仕様:基板2枚
・I2S及びI2CにアイソレーターIC使用
・電源:1.8V(ローノイズ電源IC)、3.3V(ローノイズ電源IC)、5V(検討中)
※アナログ系の5V電源は、少し違った電源を考えています。


◆ I/V変換・LPF基板 ◆
・OPアンプ・ブースター回路を使用
・各アンプはアドオン方式(PCのメモリーカード形状)
※I/V変換・LPF基板は、前回のDA1と同じ方式です
※交換用のディスクリートI/V基板も検討予定、差し替えるだけでOKです

<参考前回のIV基板>
20191001_01_IV基板
20191001_02_IV基板

と言う感じです。

「ブログ村」に登録しています。
↓↓ 宜しければ下のアイコンをクリック願います。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村


コメント

相変わらず素晴らしい出来ですね(^-^)!

一度聴いて聴いてみたいものです(^-^)。

No title

666audioさん、 こんばんは、

ありがとうございます。
これは前の基板ですが今回もこんな感じになる予定です。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR