バランス型オールFETヘッドフォンアンプの改良版 (3) - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2019/07/14

バランス型オールFETヘッドフォンアンプの改良版 (3)

ディスクルート電源の組み立てと動作確認を終えて、只今エージング中です。

ALL-FET_HPA改電源部

このディスクルート電源も色々と改良を加えて今の回路に落ち着きました。
この電源は、NFB型ですが100kHzまで出力インピーダンスがフラットです。
基準電圧は、LEDの順方向電圧[Vf]を基準電圧として使っています。
良くLT431(バンドギャップリファレンスIC)を使われていますが、このICは高精度基準電圧を作るICで有って特にローノイズでは有りません。
ただ、温度変化に対する基準電圧の正確さではLED基準電圧はLT431にはかないません。
高度な基準電圧が必要な回路には良いICだと思います。

では、ローノイズな基準電圧はどの様な素子が良いのかですが、私はLEDが良いと思います。
ただ、上にも書きましたが温度変化に対する電圧の正確さでは少し悪いと思います。
その他では、案外とツェナーダイオードが良いのです。
不思議に思われるかも知れませんが、ツェナーダイオードの電圧の低い物(5.6V以下)に限ります。
ツェナーダイオードは設定電圧(ツェナー電圧)によって、ツェナー現象とアバランシェ現象が有ります。
ツェナー電圧5.6V以上ではアバランシェ現象が支配的になりノイズが増えます。
※ 詳しく知りたい方はネットで検索すると直ぐにヒットしますよ。
あと、ツェナーダイオードはインピーダンスが低いので、簡単なローパスフィルターをいれて電圧を取り出すと更にローノイズな基準電圧に成ります。

ここの回路図が参考に成ります。↓↓
NON-NFB(無帰還)互換型三端子レギュレーター

LED基準電圧に戻りますが、LEDは定電流源でLEDに流し込む電流を一定に保ちます。
この定電流にする事により外部から供給される電圧に含まれているノイズをカットする事が出来ます。

■ LEDの色
LEDは、色によって順方向電圧VFが違ってきます。
赤色だと1.8V~2.2V、青色だと2.8V~.3.3V位でしょうか。

■ LEDの色によるノイズの違い
実は、色によってノイズが違ってきます。
赤色と青色だと青色の方がローノイズです。

続きます


「ブログ村」に登録してみました。
↓↓ 宜しければ下のアイコンをクリック願います。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR