SONY PCM-D100用のマイクアンプの製作 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2019/03/27

SONY PCM-D100用のマイクアンプの製作

SONY製 PCM-D100の外部マイク入力は3.5mmのジャックを採用しておりバラン入力には対応されていないため、バランス入力(XLRコネクター)を可能にするマイクアンプ基板を作ることにしました。
今回音質比較のために同じ構成で、OPアンプを使った基板も作っておきました。



アンプは、ディスクリート アンプが良いのかOPアンプが良いのか各社色々と言い分が有るようです。
ディスクリート アンプ基板とOPアンプ基板で基板の大きさが3倍ほど違いが出ました。
OPアンプを使うと弄るところが無いので設計工数が減りますし、スペース的に基板も小さく出来るのでトータルコストは良いと思います。
それに比べてディスクリート アンプは、弄るところが無数に有るので、纏めるのに技術と経験が必要になると思います。当然コストは上がります。

勉強するにはディスクリート アンプですねェ。

コメント

No title

浅井さん、こんばんは、

遅れまして済みません。
分かる範囲で有れば、回答出来ますので遠慮無く聞いて下さい。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR