リニア電源が無くなる時 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2019/03/06

リニア電源が無くなる時

安定化電源には「リニア電源」と「スイッチング電源」の2方式が有ります。



リニア電源は低効率で発熱ロスが大きいと言う欠点が有りますが、ノイズの発生が少ないと言う利点も有ります。

また、スイッチング電源は発熱が少ないし小さくて軽い、効率も高いと言うことで多くの製品に使われています。ただ問題点として動作がスイッチグ方式ですので如何してもスイッチングノイズが漏れてしまいます。ここが欠点かと思います。

ここでノイズの少ないリニア電源が無くなる理由として効率の問題が有ります。
リニア電源の効率は40%~50%とかなり低いです。
電源の効率が省エネおよび環境保護に繋がるとして、効率の良い外部電源(ACアダプターや電圧変換器)の販売を規制している国が有ります。

以下の様な規制です。
外部電源(ACアダプターや電圧変換器)のエネルギー性能に関する義務的規制は2004年に施行さ、その年に米国カリフォルニア州エネルギー委員会(CEC:California Energy Commission)が、エネルギー性能に関する世界初の規定を導入しています。
現在、米国エネルギー省(DOE:Department of Energy)は、外部電源(ACアダプターや電圧変換器)に対する新たなエネルギー効率基準「レベルVI (レベル6)」を2016年より施行されています。米国内で販売される外部電源(ACアダプターや電圧変換器)は、エネルギー効率基準「レベルVI (レベル6)」を満足していないと販売出来ないと言うことです。
レベルVI (レベル6)は平均効率88%以上です。
このような規制に対してリニア電源の効率40%50%では到底無理と言うことです。

他の国はこのレベルVI (レベル6)には対応していませんが、レベルV (レベル5)でEU、カナダ、オーストラリアなどが規制を行っています。



日本ではPC等の「国際エネルギースタープログラム」は有りますが、この外部電源(ACアダプターや電圧変換器)に対しては特に無い様です。

今後この様な規制が日本国内でも出てくるとリニア電源は市場から無くなりますと言うか、残念ながらお店でリニア方式のACアダプターを見かけませんね。ww

国際エネルギースタープログラム:

コメント

No title

恐ろしい
時代が来そうですね!
でも
これを期に
スイッチング電源も
更なる音質改善されると
いいですね

No title

ひでじさん、

スイッチング電源も更にローノイズ化が進むと思います。
私もDC/DCコンバーターを色々と実験していますが、回路パターンとノイズ対策部品を上手く使えば問題無いレベルまで行けると思います。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR