D級アンプとバランスアンプとの関連性 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2010/10/16

D級アンプとバランスアンプとの関連性

皆さんご存知だと思いますが、簡単にD級アンプの説明をします。

D級アンプは、入力信号(オーディオ信号)をパルス変調(PWM変調器)し、スイッチング電力デバイス(MOS-FET)でスイッチングにより信号を増幅するスイッチングアンプです。別名デジタルアンプといいます。
PWM変調器で500KHz位の変調を掛けますので、高周波アンプに属し電力変換率が高いのであまり熱がでません。また、高速スイッチングしますので高い周波数のスイッチングノイズが発生しますが、ローパスフィルターでノイズをカットしてオーディオ信号だけ取り出します。(デルタシグマ変調方式とゆうのも有ります)
偉そうに書いてますが、昨日、「D級/ディジタル・アンプの設計と製作」の本を買い勉強しました。
 
D級アンプは、小型オーディオ製品に使われるケースが多く、そのため電源が単電源です。
単電源で、アンプの出力を稼ぐため、BTL接続が用いられてます。
下記のブロック図は、ネットで検索して入手したブロック図ですが、バランスアンプ構成です。
 

 
 

 

 
 
因みに、私のアンプのブロック図


 
ノイズに強く電圧を有効に使えるバランスアンプが増えてくると思います。
 
時代の流れとして、D級アンプ(デジタルアンプ)も自作対象にする必要が有ると思います。

コメント

No title

真空管の動作領域によってA級直線性、B級効率性、C級発振逓倍といった概念しかなかったころ、D級というものを耳にして、「なんじゃい、これは。どんな領域じゃい」と自分の知識のなさを棚に上げて、怒りがこみ上げてきたのを思い出します。
いまでもデジタルはわかりませんが・・・

No title

MKBさん、こんばんは

D級アンプは、技術的には古く、1977年にSONYがTA-N88を発売

しましたが、人気が有りませんでした。

最近は、エコ-アンプとして注目されてます。全然熱が出ません。

変調を掛けるので、送信機のような感じです。

変調を掛けると、波形がパルス状の振幅は一定ですので、見た目は

デジタル信号の様に見えます。

だからデジタルアンプと言うのでしょうか?

違ってたらすみません。

No title

こんばんは。

その昔、アンプの電源としてスイッチング電源を使った製品が出た時に、ノイズでまともな音が出ないのではないかと疑っていました。また、デジタルアンプの時にも、発熱の面では有利ですが、音質は大したことがないのでは、と疑っていました。
しかし、今ではその疑いも杞憂であったと思います。なかなかいい音が出ています。

No title

Chaosさん、 お早う御座います。

SONYが発売した当時は、デジタルアンプの測定方法が決められて

なく、ひずみ等の記載も0.1%と悪い値でした。

また、Chaosさんがおっしゃる様にノイズが出ると言う先入観

で受け入れられなかったと思います。 しかし、当時の製品は

、シールド等完璧な作りをしていたと記憶してます。

デジタルアンプは、如何にノイズを抑えるか、またノイズの影響

を受けない様にするかが、キーポイントだと思います。

No title

おはようございます
デジタルアンプといえば
PWM波形ということで、二十数年前の
学生の卒論でPWM波形によるインバーター制御.....~
とか言うような事を研究したので
なんとなく、興味がありました。
今は自作ではないですが
onkyoのA973デジタルアンプをリファレンスとして使用しています。
市場価格二万五千円前後とは思えないいいAmpでした。
これを評価基準として
真空管Amp製作をしようと思っていたのですが
現在、失速中.....
そろそろ、始めたいな

No title

ひでじさん、お早う御座います。

>PWM波形ということで、二十数年前の
>学生の卒論でPWM波形によるインバーター制御.....~
>とか言うような事を研究したので

学生の時、研究されてたのですか。 この技術もオーディオの

世界では、主流になりつつ有ります。

>onkyoのA973デジタルアンプをリファレンスとして使用しています。

先ほど、ネットで写真を見ましたが、デザインかっこいいですね。

>これを評価基準として
>真空管Amp製作をしようと思っていたのですが

そのうち、デジタルアンプの自作がメインになるのでは・・・。

No title

卒論のテーマがうる覚えでお恥ずかしい
たしか
PWM波形による三相交流発電機の定電圧制御
みたいなテーマーでした。

デジタルAmpも気になるのですが、
設計はこの2年で真空管の全段差動からの初心者な物で
なかなか、デジタルまでには行けなそうです。
2年前に作ったPCL86全段差動ppは
なかなかいい音楽を聞かせてくれますが、
低音不足が悩ましいところですネ
そろそろ
改造していきたいです

No title

ひでじさん、

私も、卒業から○○年経ちますので、よく覚えてません。

卒論のコピーも捨てられてしまいました。

>設計はこの2年で真空管の全段差動からの初心者な物で
>なかなか、デジタルまでには行けなそうです。

真空管アンプよりトランジスターアンプの方が、お金が掛か

らないで、すぐ作れます。また、デジタルアンプもIC化され

てます。

真空管アンプを制覇したら、デジタルアンプに挑戦するのも

面白いと思います。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR