結局、測定用ローノイズプリアンプを2台製作 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2016/02/25

結局、測定用ローノイズプリアンプを2台製作

APB-3用 ローノイズプリアンプ基板を2種類作ったので2種類の基板ともケースに収めてみました。



同じ物を2種類作るのも面白くないので、電池と外部DC5V電源が使えるタイプと、もう片方は、外部DC5V電源だけの2種類を作りました。




使用感としては、電池と外部電源の二つが使える方が形状は大きく成りますが使い勝手が良いです。また、外部電源DC5Vは、スイッチングタイプのACアダプターでは、スイッチングノイズが大きくアンプのベースノイズが増えローノイズアンプとしての最大性能が出ません。
この外部電源の問題は、アナログタイプのACアダプターに交換すれば解決すると思います。

基板ですが、基板-Aは、おじさん工房さんと同じ回路で作り、ほぼ、同じ特性になりましが、自前回路 基板-Bがノイズレベルで2dBほど高かっので、入力J-FETのドレイン電流を2.5mAから4mAにUPしたところ、基板-Aとほぼ同じレベルまで行きました。



因みに、基板-Aでは、入力部のJ-FET 2SK170BL(gm:22mS×2=44 mS)をパラ差動で受けていますが、基板-Bでは、入力部のJ-FET 2SK369V(gm:40mS)を1本の差動で受けています。
基板-Bで2SK369Vを使用した理由は、手持ちにあったのと、ランクがV(Idss14~30mA)とIdssがかなり大きく使い方が難しかったので、あえて使ってみました。
思い切って、2SK369VのIdを10mAまで流して使っても面白いのですが、なんせ、DC/DCコンが貧弱で現段階では4~5mAが限界でした。
皆さんご存知だと思いますが、gmはトランジスタで言うhFE(直流電流増幅率)に相当するもので、FETではgm(相互コンダクタンス)で表します。
なので、アンプの初段のJ-FETはgmの大きい物を使った方がノイズ的に有利です。
MOS-FETは、FET自身のノイズが大きいためアンプの初段には使えません。残念!
以前秋月さんでも2SK170BLを販売しておりましたが、現在は扱っていませんね。
秋月さんで扱っている低周波用でHi gm J-FETは、2SK369V位です。
秋月さん、2SK369V 40円:

基板-Aには、1kHzのローバスフィルターが付いていますが、私は使わないのでスイッチは付けませんでした。
基板-Bには、IHF-Aフィルターを入れてみました。
このIHF-Aフィルターは、メーカー製アンプのS/N比等に良く出てくる聴感補正フィルターです。
このIHF-Aフィルター回路を入れて特性を見ましたが、IHF-Aカーブ基準に対して±0.8dB位の精度でした。
抵抗やコンデンサの値をもう少し追い込めば、±0.3dB位までの精度が出せると思いますが、確認程度の使用ですので現状でOKとしました。

コメント

No title

ロバートプラント さん、Chaos さん、保湯ドン さん、ぶんぶく さん、カピバラの部屋 さん、KKD_FM さん、モック さん、紺青の海 さん、
おはようございます。

ナイス!ありがとうございます。(^^)
備忘録です。

No title

完全に測定用なんですね(^^;;
BNCで良く分かるっていう(笑)

No title

A2さん、こんばんは、

その通りです。
アンプ等のノイズを測るヘッドアンプです。
BNCを使うのは、測定器くらいですねぇ。

No title

こんばんは。
出来上がった作品のプロ並みの完成度にはいつも感心しきりですが、
どんな作業場でX underbarさんが作業しているのか気になります。
こんど、作業場の様子も見せてください。

No title

御苦労様でした。音質も良さそうですね(^-^)v

No title

MKBさん、こんにちは、

有難う御座います。
MKBさんのようにカッコ良い「シャック」が有れば良いのですが・・・アンプを作るたびに、隅っこに置いてある測定器をセッテングして使っています。
作業場は、部屋の畳の上に新聞紙を敷いて、作業を行っています。
みすぼらしくて、お見せできません。(笑

No title

いさおさん、こんにちは、

有難う御座います。
このアンプは、アンプの残留ノイズを測る測定用アンプです。
経費節減のため、測定器も出来るだけ自作しています。
このロー・ノイズ・アンプを使うと、1μVオーダーまでのノイズを測ることが出来ます。

No title

miya さん、こんにちは、

ナイス、有難う御座います。

No title

いいですね。基板の頒布は難しいでしょうか?

No title

yiu*ot*2さん、こんばんは、

頒布、大丈夫ですよ。
基板-Aと基板-Bが繋がっているので、カッターで切って戴く必要があります。
送料込みで500円です。

No title

基板の頒布、大変お安くご提供いただき誠に有難うございました。
とりあえず切り離して両方を試してみます。
ちょっと問題はケースですね。タカチのケースは分厚いのでいつも大変です。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR