Analog Discovery で自動測定 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2015/07/12

Analog Discovery で自動測定

Analog Discoveryにオーディオ機器用自動測定ソフト「  FRAplus 」を使うと、周波数特性や歪み率が自動測定できます。

私は、最近知ったのですが、FRAplusは、現在 みやさん(miyaさん)が開発中のフリーウェアのソフトです。
今回、ヘッドフォンアンプを測定してみました。
 

 
■周波数特性

※ 周波数特性の表示が少しおかしいですね。設定が良く分かりません。
 
■歪み率特性


自動測定が出来るのは非常に便利です。
Analog Discoveryをお持ちの方は是非試してみてくださいね。(^-^)/
 
詳しくは、こちらのHPをご覧下さい。
また、ソフトのダウンロードもこちらでできます。

オーディオ機器用自動測定ソフト FRAplus :
http://www.za.ztv.ne.jp/kygbncjy/tubeamp/FRAplus/FRAplus_intro.htm
 
 
まだ他にも機能があると思いますが、全部見切れていません。
 
みやさん、有難う御座います。 開発、頑張って下さい!

コメント

No title

使いこなすと、すごそうですね!
ハードを売って、ソフトは有志が作っているから安いんですね。

No title

分かると使い易そうですね(^^

ペン持ってプロットしていた頃には戻れませんね(笑)

No title

紺碧の空さん、ロバートプラントさん、A2さん

ナイス! 有難う御座います。

No title

紺碧の空さん、こんばんは、

Analog Discoveryは、学生さんの教材ですので、使い方は凄く簡単です。
でも為替も関係していますが、Analog Discoveryの値段が ・ ・ ・
2万円台に成って欲しいですね。

No title

A2 さん、こんばんは、

操作は、簡単ですよ。
真空管アンプなら問題無いと思いますが、歪み率のスペックが、もう少し欲しい感じがします。

No title

よい情報をありがとうございます。
もう少し安価なら即買いですね(笑
どうしようかな?

No title

マイペースさん、こんばんは、

発売当時は、2万5千円位だったのですが ・ ・ ・購入しようか考えていたら1万1千円アップしていました。

高い感じがしますが、2chオシロ、発振器、スペアナ、ネットアナ、16chロジアナ、2ch電圧計に プラス 歪み率と周波数特性の自動測定、これらの機能からすると、安いのかも知れませんね。
また、オーディオアンプの測定が、これ一台で済むのでスペース的にも良いと思います。

No title

こんばんは。
周波数特性の表示が変なのは演算モードがch1-ch2になっているためですね。
演算モードがch2-ch1のグラフプロパティを選択すれば正しく表示されると思います。

No title

miyaさん、こんばんは、

miyaさんから書き込み戴き恐縮です。
FRAplusは、素晴らしい アプリですね。
また、miyaさんのスキルの高さを感じます。

>演算モードがch2-ch1のグラフプロパティを選択すれば正しく表示されると思います。
有難う御座います。 まだ、機能が良く分からなく、これから色々と弄ってみます。

今後とも宜しくお願いいたします。

No title

おはようございます。

このソフトいいですねぇ。

waveシリーズと使い分けると
良さそうです。(^^)

No title

カピバラさん、こんにちは、

コメントありがとうございます。
FRAplus、お薦めです。
ただ、Analog Discoveryが無いと使えません。
自動測定は、凄く便利ですよ。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR