遅ればせながらAnalog Discoveryを購入 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2015/06/25

遅ればせながらAnalog Discoveryを購入

アナログ回路開発の万能ツール (測定 / 解析/  実験 / シミュレーション) の Analog Discovery を購入しました。
 

 

 
 
 
色々と悩んだのですが、購入しました。
安いのか高いのか?

コメント

No title

こんばんは。

元測定機屋としては、こういったPCベース測定機は脅威!!ですね~。90年代後半からナショナルインスツルメントからこの手の物が出始めて、アジレント・テクトロ・アンリツ等の低帯域のオシロ・ロジアナは消えましたね~。

値段は・・・、アナログの帯域がどの程度かによりますね~。アナログ帯域が20~30MHz程度あればお買い得でしょうか~。10MHz以下ならちょっと高い買い物。

しかし・・・これがMATLABの入出力モジュール提供してくれれば、信号処理シュミレーションのリアルタイム処理が可能ですね~。

No title

これ1台で?!
時代の進歩凄すぎです....

ちなみに、球でもイケる代物なんですかね...?

No title

西やんさん、 おはようございます。

この手のUSBオシロは、色々と発売されていまが、測定器屋さん、困りますね。(笑

Analog Discoveryは、アメリカの大学の先生が教材用として販売している物です。
使い方は、ブレッドボードに繋げて回路の波形を観測する感じでしょうか?
発売当時は、2.2万円位でしたが・・・ だいぶ値段が上がりました。
性能としては5MHz~10MHzですので、あまり良くないのですが、ソフトが充実しているので購入しました。

No title

A2さん、 おはようございます。

凄い時代に成りました。
このAnalog Discoveryは、少し値段が高い感じがします。

最大入力電圧が±25Vですので、球は無理ですね。
USBオシロは、最大入力電圧が低いです。
良く間違いを犯すのは、USBオシロで電灯線のAC100Vを測ろうとする人です。

No title

いさお さん、ロバートプラント さん、おはようございます。

ナイス! 何時もありがとうございます。

No title

用途と言いますか、仕様が違うんですね(^^;;

アナログな物はアナログな機材でチェックしないとですね

No title

A2さん

コストの問題も有るのですが、入力切換は、リレーではなくアナログスイッチのICを使っています。
半導体のアナログスイッチの耐圧が、±25Vだと思います。
10:1のプローブを使えば、±250VまでOKですね。

No title

すごいものを購入されました!
これで、イロイロな開発がはかどりますね^^

ナイスです♪

No title

紺碧の空さん、 おはようございます。

ありがとうございます。
悩んだ末に、やっと購入しました。
円安のためか、発売当初より価格がだいぶ上がってしまいました。トホホ

No title

こんにちは。

使用用途にもよるのでしょうが、1台で何役もこなすのでそれぞれの測定器を揃えると思えばお買い得ですね。
精度や周波数帯など、もっと上のクラスが必要な場合はそちらに任せるしかないでしょうが。
PC接続の機器は、スタンドアローン機よりも使い勝手は良さそうですね。

No title

Chaosさん、こんにちは、

Analog Discoveryは、学生さんが使う教育用ですので、使い易いと思います。
まだ、全ての機能を使っていません。
残留ノイズが、少し多いかな?
値段からしてしょうがないのかと思います。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR