ポータブルヘッドフォンアンプのアンプ部分の確認 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2015/02/22

ポータブルヘッドフォンアンプのアンプ部分の確認

ポータブルヘッドフォンアンプの保護回路の動作確認が終わりました。
昨日、自作冶具でチップトランジスターのhFEを測定してコンプリ・ペアーを組みましたが、ペアーがあまり取れませんでした。各200個購入して10ペアーくらいです。
 
コンプリ・ペアーのチップトランジスターをハンダ付けしてみました。

 
入力のFETは、チップFETが手に入らないので3本足のFETを使っています。
FETは、熱結合するため瞬間接着剤で2つを付けています。
 
裏側、右側がディスクリートアンプ部分です。

 
これから、アンプ回路の動作確認を行う予定です。
完成が何時になるか?

コメント

No title

こんばんは。
相変わらず、プロ並みの仕上がりで、私には異次元の世界です。
量産品ではないので、コスト的には100万レベルの価値ですね。
もっとも唯一無二なので、プライスレスといってもいいですね。

No title

MKBさん、 おはようございます。

ありがとうございます。
この様に基板を起こさないと、小型アンプを作るのは難しいです。
特にディスクリートアンプでは、小型化は困難ですね。

No title

ロバートプラントさん、紺青の海さん、Chaosさん、モックさん、 おはようございます。

ナイス! 何時もありがとうございます。

No title

ペアでないと具合悪いですか(^^;;

球だと合わせ様に....(爆)
なのでPPでもバラで使ってますw

No title

A2さん、 こんにちは、

真空管もペアー管として販売されていると思います。
トランジスターアンプの初段が差動増幅器ですので、ペアーを取らないと温度ドリフト(DCオフセット)が増えます。
また、次段以降については、歪みが増えます。(偶数倍の歪みに影響がでるようです)
最終的には、NFBを掛けますので、有る程誤魔化しも効きますが・・・
少しでも特性を良くしようとしてトランジスターの選別を行っています。

No title

素晴らしい出来映えですね。
特性を揃えるのは、デジアンなら気をつけないといけないでしょうね。特性を揃えなくても、アナログアンプでも普通に聴けると思いますが、高音域の響きに、差がでてきそうです。
もう少しで完成ですね(^-^)v

No title

いさおさん、 おはようございます。

ありがとうございます。
このアンプは、デジアンでは無く一般的なアナログのディスクリートアンプです。
ディスクリートアンプなので、トランジスターの特性を揃える必要があります。
手間がかかりますねぇ。

No title

こんばんは!
ううっ
画面からでも、
目が痛くなります!!!

No title

ひでじさん、おはようございます。

真空管アンプは、変わらないと思いますが、トランジスターアンプはこの様な部品の自作が増えますねぇ。
老眼には、キツイです。

No title

こんばんは。

大部分がチップ部品となって、老人には自作も難しくなりましたね。
頑張って完成させてください。

No title

Chaosさん、

ありがとうございます。
年々老眼が進んでまして、チップ部品のハンダ付けが辛くなってきました。
基板の方は、昨日初めて音出しをしました。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR