オーディオ・ホームシアター展でTechnicsのR1 Seriesを聞いてきました! - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2014/10/19

オーディオ・ホームシアター展でTechnicsのR1 Seriesを聞いてきました!

Technics復帰第1弾のR1 Seriesをオーディオ・ホームシアター展で聞いてきました。
 

 

 
パワーアンプは、デジタルアンプですがデジタルアンプ臭さは有りません。
フルデジタルアンプです!
かなりの完成度だと思います。
 
◆SR-R1 パワーアンプ◆

 
スピーカー端子は、大型で使い易くできていました。
パワーアンプとネットワーク オーディオ コントロール プレイヤーは、Lch、Rch別々のデジタル リンクで繋ぎます。最大384kHz/32bitのオーディオ信号までサポートしているそうです。
気になる音量調整、ボリューム回路ですが、デジタルで処理するそうです。
因みにDSDファイルは、一度PCMに変換してから音量調整するそうです。
PWM変調は1.5MHzだそうです。
 
◆SU-R1 ネットワーク オーディオ コントロール プレイヤー◆

 
 
◆パワーアンプの中身◆

 
写真では小さく見えますが、電源のRコアートランスが大きかったですね。1200VA以上あると思います。
見え難いのですが、整流回路はチョークインプット型を採用しています。チョークコイルもRコアータイプです。
パワーアンプの電源は、安定化電源を採用していますね。
デジタルアンプは、電源電圧変動の弱いので、徹底しています。
 
◆SB-R1 スピーカー◆

 
スピーカーは、3ウェイのバスレス型です。
面白いのが、ミットレンジとツィーターが同軸構造になっているミットレンジです。
ミットレンジが16cmの平面スピーカーです。振動板は、アルミのハニカム構造だと思います。
懐かしいですね。

R1 Seriesの値段ですが、総額500万円だそうです。

コメント

No title

率直に、音はいかがですか?
このクラスになると、ちゃんと主張しないと売れないと思うんですが…

No title

おはようございます。

Technicsの復活記事を読みましたが、我々一般庶民向けは無いようですね。
これだけの高級機ですから、メーカーはかなり力を入れているのでしょうね。
一度聞いてみたいですが、絶対に手はでません。

No title

technics復活したんですね(笑)

簡単に手の届かないモノ作るのは良いことと思いますね。
あと、Luxの様に30年経ってもメンテしてくれる様だと最高ですね。

No title

紺青の海さん、こんにちは、ナイス!ありがとうございます。

>率直に、音はいかがですか?
上手く、纏め上げています。
今でもパナにオーディオ屋がいたのかと嬉しく思います。
このR1 Seriesは、売って儲けようとは考えていないと思います。
また、昔のTechnicsと、作りが違います。
今のパナソニックから脱皮する様な勢い、思いを込めて「Technics」ブランドを復活させたのだと思います。

No title

モックさん、こんにちは、

ナイス!ありがとうございます。

No title

Chaosさん、こんにちは、ナイス!ありがとうございます。

Chaosさん、一度聞いてみて下さい。
ここに来て、「Technics」ブランド復活、何か意味があるのではと考えています。
オーディオ全盛期から35年位経つのでしょうか?
この頃、バリバリ働いていた若いオーディオ技術者(アナログ技術者)が、今、部長や取締役になっていると思いますし、定年を迎える頃だと思います。
そして、今の日本の景気、技術的も他国に負けています。
半導体関連、寂しいですね。
この悪い流れを変えたいと言う思いもあるのかも知れません。

No title

A2さん、こんにちは、ナイス!ありがとうございます。

Technicsブランド復活しましたよ。
一番驚いたのは、今でもパナにオーディオ技術者(アナログ技術者)がいた事が驚きました。
何処の会社もデジタル技術者は、腐るほどいますが、アナログ技術者が少ないそうです。
メンテナンスは重要ですね。
ラックスマンは、素晴らしい会社だと思います。
サービスパーツの保存と管理、大変手間とお金が掛かります。

No title

おはようございます。
4年前のテクニクス撤退のニュースはよく覚えていますが、
復活のニュースは知りませんでした。
いまはフラッグシップで手が出ませんが、
昔のようにいろいろな製品を出してほしいと思っています。

No title

ひでじさん、ナイス!有難う御座います。

No title

MKBさん

復活しましよ!
まだ、パナにベテランのオーディオ技術者がいたことが、驚きです。
頑張って欲しいですね。

No title

ごついですね(爆)!デザインは往年のtechnicsで、素晴らしいです。フロントの照明、明るくて渋いですね!

No title

いさおさん、こんばんは、

パワーアンプのデザインは、昔のデザインを踏襲したと言っていました。
最近、パワーアンプにメーター付きが流行っているので、上手くマッチしていますね。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR