アンプの歪率特性 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2010/09/25

アンプの歪率特性

WaveSpectraWaveGeneを使って、アンプの歪率を測定してみました。
 

 
 
バランス-アンバランス変換アンプの関係で、8W ( 9V~10Vで、波形がクリップする )までしか、測定できませんでした。
 

10KHzの歪が、少し気に成りますが、実用レベルと思います。 また、今回、8W までしか測定できなかったので、次は、バランス-アンバランス変換アンプの前に、アッテネーターを入れて、入力が飽和しないように考えます。
 
WaveSpectraWaveGeneを使用して、アンプの歪を計りましたが、素人には十分の性能だと思います。
 
アンプの方は、現在、エージング中です。

コメント

No title

こんばんは。

いよいよ実用に近付いて来ましたね。
どんな音になっているか楽しみでしょう。

No title

Chaosさん、こんばんは、

Chaosさんや、皆さんのアドバイスのお陰で、やっと完成する

事ができました。

有難う御座いました。

音出しは、ほんとに楽しみです。今回、エージングをやって

ますので、ある程度の音がでるのではと期待してます。

No title

おはようございます。WavespectraとWaveGeneでひずみ率を測るのってどうするんですか。以前、一度挑戦したんですが、よくわかりませんでした。ご面倒でなければ簡単で結構ですので教えて頂けないでしょうか。

No title

Islandさん、お早う御座います。

WaveSpectraとWaveGeneは、サウンドカードとの相性が少し

有るように、思います。

下記のURLに、私が使用したサウンドカード(USB)があります

ので、ご参考にして下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/yokoyama3322/3768704.html

使用方法は、アンプの入力にサウンドカード(audio out)

をつなげて、アンプのSP端子に8Ωの負荷を付け、そのSP

端子にサウンドカード(audio in)をつなげるのですが、

※注意する事が有ります。※

サウンドカード(audio out)の出力電圧は、小さくして接続して

下さい、出力電圧が高いとアンプが壊れます。

もう一つは、サウンドカード(audio in)の入力の飽和電圧です。

私の使用しているサウンドカードは、2V~3V位しか有りません

ので、サウンドカード(audio in)の入力側で100Kボリュームを

使って、電圧を下げる必要が有ります。

是非、

No title

音出しは楽しみですねそして、わたしもパソコンによる測定もしたいですしかし、パソコンのネットを引くのが、後1ヶ月ぐらいかかる見込みで、箱状態です(笑)

No title

いさおさん、こんばんは。

アンプやっと完成しました。 長い道のりでした。

ネットの方も早くつながれば、いいですね。

パソコンを使った測定も出来ますよ。

No title

X _ Under barさん

訪問コメントありがとうございます、X _ Under barさんは
プロですか、このアンプも実態が良く掴めませんが凄そう
ですね、DACも自作するんですね、脱帽です。

No title

ウッドさん、こんばんは、

私は、プロでは有りませんが、DAC関連も自作します。

現在は、パワーアンプですが、次は、プリアンプで、

プリアンプの次は、DACを自作して行きたいと思います。

No title

X _ Under bar さん。こんばんは。どうもありがとうございました。すぐに返事を頂いていたのに気づいていませんでした。すみませんでした。うまく動くかどうか一度試してみたいと思います。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR