バランス型プリアンプの構想 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2012/12/12

バランス型プリアンプの構想

電子ボリュームを採用したヘッドフォンアンプもほぼ満足できる物を作ることができました。
これもChaosさんのお陰です。この場をお借りしてお礼申し上げます。
有難う御座いました。また、色々と教えて下さい。

次のステップとして、考えているのはバランス型のプリアンプです。
これに使う4連ボリュームも既に購入しておりますが、このまま、従来の方法(アナログの4連ボリューム)も良いのですが、面白味が無い、発展性が無い等で、電子ボリュームで進める事にしました。
電子ボリュームは、新日本無線のMUSES72320を使用する予定です。制御プログラムは、ヘッドフォンアンプの物を少し手直しすれば使えそうです。
MUSES72320は、各メーカのハイエンドアンプにも採用されておりますので、音的には問題無いと考えています。
 
     MUSES72320

 
現在使用しているプリアンプは、OPアンプを使用したバランス型のプリアンプですが、やはりOPアンプでは物足りない。OPアンプの場合は、OPアンプを交換して音を楽しめるのですが、全体的に同じような音に成り易いと感じます。
 
先ずは、電子ボリュームをブレットボードに組み、動作検討をしたいと思います。
 
 
ご参考:
MUSES72320を使ってみたいが、制御ソフトが組めない人には、この様な物が有ります。EV-72320コントローラIC (3,500円)
 

 
話は、変わりますが、巷ではシリコンカーバイト(SiC)の整流ダイオードとMOSFETが流行っていますね。値段は高いですが、秋月電子でも購入できます。今後是非とも使ってみたいですね。
SiCダイオード:SCS106AGC(300円)、SCS120AGC(1,200円) ←digi-keyより安い
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06319/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06317/
SiC MOSFET:SCT2080KE(5,000円)←バランスアンプだと8個必要で4万円、予算的に無理です。

コメント

No title

という事は、今回はディスクリート構成で作製されるのでしょうか?これもまた楽しみですね!(^-^)v

No title

バランス・タイプのプリアンプ、今後の展開楽しみにしています。

No title

いさおさん、 お早う御座います。

基本的には、ディスクリートで考えています。かなり複雑になると思いますが、頑張ってみます。

No title

Myuさん、 お早う御座います。

どの様なプリアンプに成るか分かりませんが、進み具合をブログにアップして行きます。
Myuさんも電子ボリューム頑張って下さい。

No title

こんにちは
現用プリに組み込んだ電子ボリュームはロタリーエンコーダー式なのですがフルボリュームまで3回転も回さなければならず少々使いづらいです。音は良いようなのですが回転抵抗式とは異なり抵抗切り替え式のATTに近いように感じています。
MUSEは期待が持てますがAMPのNF回路をIC内部に持っていますがこれはどういう意味なのでしょうか?

No title

雪だるまさん、 こんにちは、

ロタリーエンコーダー方式は、音量のステップ数を多く設定できる分、音量調整が少しし辛いかも知れませんね。
プリアンプやパワーアンプの増幅率によってもボリュームの使用位置が変わるので、ボリュームのステップ値の設定は難しいです。

>AMPのNF回路をIC内部に持っていますがこれはどういう意味なのでしょうか?
使い方が二つあります。一つは、プリアンプの後に繋ぐパワーアンプの増幅率に合わせプリアンプの増幅率を合せる使い方と、もう一つは、電子ボリュームの音量ステップと、アンプ増幅率をプログラム(ソフト)で上手く組み合わせる事により音量のステップ数を増やすことができます。

No title

という事は別々に設定できる、NF用は使わなくてよいという見方で良いのでしょうか?

No title

雪だるまさん、

>という事は別々に設定できる、NF用は使わなくてよいという見方で良いのでしょうか?
そうです。特にこの部分を使う必要は無いと思います。
NFB量を可変できるのは便利そうですが、この部分に使うアンプは安定したアンプを使わないと、異常発振を起こす可能性もあります。

No title

ゲインを可変するというのはアンプにとつてかなりのハードルですね。
他のICでもNFループを含んでいるのが見えて疑問を感じていました。

No title

私もアンプ回路に興味があります。私の場合は窪田式反転増幅アンプを4ケ作りバランスアンプにしました。
4ケの製作はそう大変ではありませんでしたが、シャーシに組み込むときにボリューム、電源回路を含めたレイアウトには悩みました。
XUnderbarさんのレイアウトが楽しみです。

No title

お早うございます。

今度はディスクリートでやられるのですか?
かなり大変そう。

ほんのちょこっとお手伝いしただけですよ。
私の分かる範囲でしたらお手伝いさせて頂きます。

No title

雪だるまさん、 こんばんは、

この部分に使うアンプは、OPアンプを想定していると思います。
最近のOPアンプは、安定度がかなり良いので大丈夫なのでしょう。
私のディスクリートアンプは、無理です。低ゲインで異常発振すると思います。

No title

マイペースさん、 こんばんは、

バランスアンプだと如何しても回路や部品点数が増え大変です。
大変でもそれだけの価値は有ると、私は思っています。
今回、ボリュームが電子ボリュームなので、各基板のレイアウトは、難しく無いと考えているのですが、実際作ってみないと分かりません。
ケースへの組み込みは、まだ先になると思いますが、ブログにアップして行きます。参考にならないと思いますが、回路図もアップします。

No title

Chaosさん、

本当に助かりました。Chaosさんに教えて戴かないと、完成しなかったと思います。
これからは、ソフトも組めないとダメだなと、つくづく感じました。
また、色々と教えて戴くことになると思いますが、宜しくお願いします。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR