アンプに必要なプロテクト回路 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2012/10/11

アンプに必要なプロテクト回路

アンプのプロテクト回路は、必要、不必要と色々と論議は有ると思いますが、貴重な素子を壊さない為にも今回は採用を考えています。どのようなプロテクト回路が必要か。
 
1.スピーカー用プロテクト:
一般的には、リレーを使用しますが、最近アキュフェーズが採用しているMOSFETによるプロテクト回路もあります。(大切なスピーカーを壊すわけには行きません)
    
アキュフェーズ A-46

 
アキュフェーズ A-200

 

2.過電流用プロテクト:
常に電流値を監視して、過電流が流れたら電源を切る回路です。(大切なSIT素子を守るため必要です)
 
3.トロイダルトランスのラッシュカレント(突入電流)用プロテクト:
トロイダルトランスのラッシュカレントは約20~70Aにも達する場合があります。(実家で使用していたアンプは、アンプの電源ON時に部屋の蛍光灯が一瞬暗くなりました。そして約1年で電源SWが壊れました。)
今回この3種類のプロテクトが必要と思います。
 
 
 
スピーカー用プロテクトとラッシュカレント用プロテクトは、上條氏のHPの回路を参考にしようと考えています。 上條氏のHPは、勉強にまりますよ。

上條氏のHPです↓「 Evolve Power Amplifiers 進化するパワーアンプ」
http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/index.htm
 
 
 
上條氏は、脳出血で倒れ今年の3月28日に他界されております。ご家族のご厚意によりHPはそのまま残しているようです。この自作アンプや回路を拝見すると、上條氏のアンプ対する熱意が伝わってくると思います。
上條氏に感謝するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。
 
 

さて、如何しようか・・・・・。

コメント

No title

瞬間に大電流を食うのは宜しくないのですね。

No title

Chaosさん、 こんばんは、

スピーカーを壊してでも最良の音で聴きたい人もいると思いますが、私の場合は保護回路を入れます。特に自作アンプは、メーカ製のアンプと違って不安定要素がかなり有りますので怖いです。

>真空管アンプの場合は、ほとんどがトランス結合ですからその心配はないですね。
真空管アンプは、直流的にカットされているので、心配は無いですね。

No title

ModernTeanaさん、 こんばんは、

トロイダルトランスのラッシュカレントは凄いですよ。壊れた電源スイッチを分解して見たら接点が真っ黒に焦げて溶けていましたよ。

No title

必要だとは思っていながら手を付けていません。
ヒューズしか入っていません。
何とかしなくてはと反省しきりです。

No title

雪だるまさん、 こんにちは、

私の場合、過去に2回ほどアンプが壊れ、スピーカーのWooferのコイルを焼きました。
音は悪くなると思いますが、過去の経験から自作アンプには保護回路を入れるようにしています。

No title

Underbar様
身に覚えが有ります。
テクニクス7とHS400のウーハーを焼きました。
いずれも金田式DCアンプの時代です。
でも保護回路はかなり難しいです。

No title

雪だるまさん、 こんにちは、

やはり雪だるまさんもスピーカーを壊したことが有りますか。
保護回路は、アンプの出力にDC電圧検出回路を入れ、出力をリレーで切り替える方法が一般的な方法だと思います。リレーの有り、無しで聴き比べをしたことがありますが、リレーを入れると微妙に音が濁りますね。でもリレーは入れています。

No title

保護リレーのないプロテクト回路とは、凄いですね!勉強になります。
この後も楽しみです(^-^)!

No title

因みにわたしは、スピーカーを壊してでも保護回路は入れません…(;´д`)…

No title

いさおさん、 お早う御座います。

スピーカーを壊しても直ぐに買える人は良いのですが、私の様に貧乏人は、スピーカーを直ぐに買えませんので、プロテクト回路は重要です。また、自作アンプはメーカ製のアンプのように安全性のテストをしていませんので、危険が沢山あります。特に私のように自前の回路は、危険がいっぱいです。

No title

こんにちは、アンプの修理を自分で挑戦していてこちらを見つけまして、投稿しています。
見当違いな投稿であればお許しください

現在QSC PLX1104
https://elektrotanya.com/cgi-bin/download2.cgi?fid=169160&file=qsc_plx1104.pdf

のリレースイッチがon offを繰り返します
このパーツになります。
恐らく突入電力に関するパーツかと思います。
https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggEeqN2Puk2ida5TPhxXBr6w---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-14195357454

このリレーが壊れていないか4.8vの電流を流したところon offを繰り返さなかったので
リレー自体の故障ではなさそうです。

DC漏れでリレーが発動しているとすればon offを繰り返さず offのままだとおもうので

リレーのマグネットに電流を流す何かのパーツが故障していると推測しています。
そのパーツはどれになるか見

No title

見当つかれませんでしょうか?

No title

t_muさん、こんにちは、

回路分析:
スピーカーアウトに異常電圧が発生しますとDC FAULT TRIGGER回路がONしてパワーサプライ基板のU15のフォトカプラをONさせます。
フォトカプラがONするとスイッチング電源のスイッチングコントローラIC U19の(SG3525AN)をストップ?させて電源の出力をOFFか電圧を下げます。このへんの動作は調べないと?です。
それと同時にSW電源の電圧が下がるとリレーK1がOFFとなりR172(10-COLD)のショートを解除します。
この抵抗は、ラッシュカーレント防止用抵抗かな? 分かりません。

No title

動作として:
SPアウトの異常電圧を検知してSW電源の電圧が下がり、アンプ回路への電圧供給が停止されます。
停止されるとSPアウトに異常電圧が無くなり再びSW電源から電圧が供給され、再びSPアウトに異常電圧が発生してに電源電圧が供給されなくなります。
この繰り返しで、リレーがON・OFFを繰り返すのだと思います。

本来であれば、リセットSW等で復帰させないとダメな回路に成っていないといけないのですが?
アンプにリセットSW(スイッチ)は付いていますか?

このプロテクト回路の動作は問題無いように思います。

No title

こんばんは とってもわかりやすい解説ありがとうございます。
リセットスイッチですが
ブレーカーはありますが現状では動作してないようです

なのでX _ Under barさんの言われるように
電圧カットによる復帰の繰り返しの可能性が高そうですね。

ということは異常電圧を直せばこの現象は止まるかと思うのですが
トロイダルトランスが壊れているという事でしょうか?

No title

ブレーカーが動作しない理由として、過電流は流れていなくオフセット電圧が出ている。または、過電流が流れる前にプロテクトが掛かってしまうかです。
t_mu さんは、何処まで確認されましたか?
一概に、電源が壊れていると断言は出来ません。

アンプ出力のオフセット電圧の発生の原因が「アンプ」か「電源」かを調べる必要があると思います。

No title

出力の原因を探ろうかとおもっていますが、ON OFFを繰り返すため測定することに難儀しております(^_^;)

なので原因の特定よりも、推測で部品交換をしてみようかと思っているところですが
いろいろ手詰まり感がありまして有識者の方にダメもとで相談してみようかと思いネットを検索しましたところX _ Under barさんのブログにたどりつきました。

基盤も一体型なので中身は全交換10万程度かかるとのことで
自分で修理を思い立ったところです

No title

回路図に電圧が記載されていないので壊れているヶ所の特定が難しいと思います。

アンプ修理の経験が御座いましたら、プロテクト回路の機能を止めて各部分の電圧を確認するしかないと思います。
プロテクト回路の機能を止めると、更に壊れるリスクがありますので、自己責任でお願い致します。
SPアウトのオフセット電圧検出は、R212、R217の69.8kΩですので、これを外すと電圧が検出出来なく成ります。
この抵抗を外す時は、片チャンネルごと外して、Lチャンが悪いのかRチャンが悪いのか、確認しながらやると良いかと思います。
後は、過電流が流れない様でしたら、電源を短時間入れては消して短時間で作業すれば良いと思います。
長時間の通電は危険です。

No title

こんばんは、いろいろアドバイス頂いたのですが自分のスキルでは難しそうです・・・・・。

いろいろ親身なご回答本当にありがとうございました

No title

t_muさん、こんばんは、

回路図に端子電圧が記載されていないと修理は難しいと思います。
お役に立てなく済みませんでした。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR