DAC9018DのI/V変換回路その4 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2012/08/26

DAC9018DのI/V変換回路その4

この回路は、フェーズテックさんのI/V変換回路です。

 
基本的には、金田式のI/V変換回路と同じです。
カレントミラー回路にLEDとトランジスターが追加されていますが、特にLEDの追加は直線性がよくなり歪みが減ります。
歪み特性です↓ 特性も中々良いです。


このI/V変換回路は、HOT側とCOLD側を合成してしまいバランスで出力できないので、バランス出力化する回路を考えないといけません。
アンバランスで使うならこの無帰還型I/V変換回路は、良い回路だと思います。

コメント

No title

nice

No title

こんにちは

LEDを追加するとなぜ直線性が良くなるのですか?
カレントミラーがベース電流補償タイプになっているというちがいはわかりますが
なにか歪打消しみたいなことが起きているのでしょうか。

No title

こんにちは!
研究が進んでいますね、すごいです。
バイアスをさほど流さなくても歪は減らせるんですね。
奥深く興味があります。
引き続きがんばってください。

No title

bitstreamさん、 こんばんは、

直線性と言うよりカレントミラー回路の電流ミラー精度を上げることができるようです。
1mAと少な電流でのカレントミラー回路ですとカレントミラー精度はあまり問題にならないようですが、今回のように十数mAオーダーでは、電流ミラー精度が大きく悪くなるようです。ダイオードを入れることで改善できるようです。

No title

紺青の海さん、 こんばんは、

有難う御座います。
私の場合は、バランス出力で考えているので、上手く使えそうな回路がありません。
全然進みません。

No title

金田さんって、喫茶店の…?

未だ良く分かってないという(爆

No title

ModernTeanaさん、 お早う御座います。

喫茶店の金田さんもいますが、ここでは、MJ誌(無線と実験)の金田明彦先生で、DCアンプの世界では、超有名です。
もと○○大学の先生です。今は、定年退職されています。
私は、金田先生のお陰で、自作アンプを作るようになりました。

No title

LEDを入れるのはカレントミラー入力側のVCEをある程度とりたいからかな?と考えました
たかが3V程度でも0.6Vと比べればそこそこCobが小さくなるでしょう…

No title

bitstreamさん、 お早う御座います。

その通りです。Vce電圧が低いと特性が悪い部分で使うことになりますので、LEDを入れてVce電圧を上げています。
Vce電圧が上がれば、Cobも下がりますね。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR