電子ボリュームのレイアウト - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2012/05/07

電子ボリュームのレイアウト

バランス型ヘッドフォンアンプの電子ボリュームのレイアウトがやっと決まり、基板を置いてみました。
 

 
ヘッドフォンアンプの上に、重ねて配置することにしました。上の基板には、電子VRとPICが乗るため、ノイズや信号等の戻りで音質に影響がでるので、アルミ板で上下をセパレートします。
 


このアルミ板(シールド板)は、ケースのインピーダンスの低いところにアース接続すれば、完璧です。
アルミ板が、L字に曲がっているのが分かりますか? これは、終段のMOSFETの空中からの戻りを受けない様に、壁を作りました。少しは効果が有ると思います。たぶん
 
次は、部品のレイアウトです。
部品が天井にぶつからないか高さが少し心配です。

コメント

No title

コンパクトに仕上げられていますね。
ところで私は素人で分からないのですが、アルミ板は一点アースにしなくてよろしいのですか?

No title

球アンプみたいなシールドですね。
古い球のアンプはトタンでした(笑

No title

紺青の海さん、

有難う御座います。
アルミの板は、アナログ回路(アンプ回路)には、繋がって無いので、特に一点アースをする必要は有りません。結果的に一点アースにした方が良い場合もありますね。

No title

ModernTeanaさん、

スペースが無く、回路を詰め込めるためこの様な形を取りました。
距離が近いので、シールド板は必要と思いますね。
アルミ板の方が、加工は楽ですね。

No title

こんばんは。

アルミの加工は面倒なのに、奇麗にまとめられていますね。

電子VR基板とアンプ基板のGND接続さえ気をつければ、ノイズの放射は気にする必要は無いように思われますが。
消費電力が小さいので、電波として出て来るノイズは非常に微弱だと思います。

No title

Chaosさん、 お早う御座います。

有難う御座います。
アルミ板のカットは、カッターナイフで、曲げるのは、机の角で曲げました。
ノイズに関しては、組み立ててみないと分からないので、少し厳重にしてみました。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR