ヘッドフォンアンプ基板-その2 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2012/03/04

ヘッドフォンアンプ基板-その2

ヘッドフォンアンプ基板(オールFET構成)の部品も揃ったので、線材を仮配線して音を聴いてみました。
 


ヘッドフォンは以前に、バランス対応としてコネクターを取り替えてあるので、繋ぐだけです。コネクターは、ITTのミニXLRコネクターですが、コネクターの脱着が硬い。
 


ヘッドフォンアンプ基板には、ボリュームが付いて無いのでプリアンプを繋げて聴きました。
 

 
う~ん、もう少し奥行きが欲しいところです。高域、低域はOK。音としては長い間聞いていても疲れない音です。言い方を換えると、少しおとなしい感じですかねぇ。
このヘッドフォンアンプの回路構成は、初段は上下対象のカスケード差動アンプで(定電流回路とも全てJ-FET)、二段目のアンプは、コンプリのカスケードアンプ(全てJ-FET)、終段は、MOSFETのソース出力になっています。
そして、カップリングコンデンサーを排除するためDCサーボアンプ(OPアンプ使用)を追加しています。出力のオフセット電圧は、0.1~0.2mVとかなり優秀です。
 
今後の展開が微妙になってきました。このアンプ構成が上手く行ったらこの後のアンプ全てに使用する予定でしたが、もう少し検討する必要が有ります。
 
現在、製作中のDACの音の評価で、最終的に決めたいと思います。
満足した音に仕上がりましたら回路図をブログにアップします。
 
このヘッドフォンアンプには、電子ボリュームを付ける予定になっていますので、PICのソフトも進めないと。

コメント

No title

まずは完成、おめでとうございます。

基板上に見える分厚い放熱板が音のよさをアピールしていますね。
FETにアイドリング電流を相当流してリニアリティの言い分を使っているのだと想像しています。

FETの品番を変えると音も変わるのでしょうか?
すません、私には分かりません><

がんばって改良してください。

No title

こんばんは。

だいぶ進んできましたね。

電子VRの件ですが、PICを手に入れて簡単な周辺回路を構成してみました。
お送りしたソースで、動作はOKでした。

PICへの入力は、電源をVRにより連続的に変化させてみましたが、ADに関しては、使用する範囲の最下位ビットも安定しています。

シリアル出力など、電子VRに送る信号は全てOKでした。

No title

紺青の海さん、 こんにちは、

有難う御座います。

A級動作を考え、終段のMOSFETの電流を少し多く流したため、放熱板を追加しました。
FETに関しては、入手できるFETが限られていますので選ぶ余地が無いです。

バイアス電流や二段目のゲインを少し弄ってみます。

No title

Chaosさん、 こんにちは、

有難う御座います。

>電子VRの件ですが、PICを手に入れて簡単な周辺回路を構成してみました。
Chaosさん、余計なお手数をお掛けして、申し訳ありませんでした。

ここのところ、時間が取れなく全然できませんでした。今日、如何にか時間が取れましたので、ブレッドボードで組んで見たいと思います。

No title

UTSJは馴染むまでにしばらく時間がかかるときいたことがあります。しばらく鳴らし込むのも一手かもしれないですね。

No title

三河の民さん、 こんにちは、

電解コンは、ニチコンMUSE KZを使っているのでが、まる二日通電していたら、だいぶ良く成りました。
電解コンを含めエージングは必要ですね。
現在は、バイアス電流の見直しを行って、かなり理想の音に近づきました。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR