ケースへの組込み - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2010/08/17

ケースへの組込み

やっとアンプをケースに組み込みました。
 
仕事が忙しく、作業ができませんでした。

 今日、やっと・ ・ ・ ・。

 

アンプユニットをケースに入れ各ケーブルの配線を行いました。(物理的にギリギリのケースを使用したため、ケーブルの処理が大変でした。

)
 


アンプは、ユニット化して簡単に組める様にしてます。一番上の基板がアンプ部、ドライバー部、定電圧回路で、二段目がスピーカの保護回路(音質劣化しますが、今回は入れました)、三段目がファイナルMOSFETと、三階建てとなってます。
 
ユニット化したのは、修理する場合は、このユニットをケースから抜き出せばOKです。作業性を考慮しました。
 
アンプユニットの放熱器部分は、絶縁ゴムでフローティングして、一点アースをしてます。また、トランスもケースとトランスの間にクッション材を入れて、トランスの振動がケースに伝わらない様にしてます(効果あるか
ですが)。
 

 
アースポイントは、適当にケースの真ん中にしました。最終的には、ノイズレベルの少ないところを探して決めます。
 
次は、組み込んだ状態の特性を取って行きたいと思います。
 
いよいよ、完成です


コメント

No title

完成おめでとう御座います
音出しが 楽しみです

トランスのフローティングは以前 A&D DP9000 で実験しました
トランスが振動源なのでソルボセインで浮かせました
この時は クリアーな音になり 良い改善方向であった記憶があります。

No title

Xさんこんばんはわたしも今、初の自作アンプ作りの為 部品を調達しております。今つくられているのは 窪田式アンプですか?わたしもつくりたいです

No title

YFD18さん、お早う御座います。

ソルボセインなら完璧ですね!

その辺も時間を見て実験して見ます。

No title

いさおさん、お早う御座います。

初の自作アンプ、素晴らしいアンプができると思います。

窪田アンプは、どの様なタイプを考えているのですか?

No title

こんにちは。

奇麗に収納されていますね。
電源部もしっかりしているようですので、音も素晴らしいのでしょうね。

No title

いさおさん、こんばんは

出力段NO-NFBのMOSFET A級15Wパワーアンプですか、

A級15W良いと思います。

窪田式アンプは、回路がシンプルですので、私は好きです。
(部品代も節約できる)


位相反転型窪田アンプは、私の空白の期間(オーディオをやってな

い時期)ですので、情報が無いので良く分かりません。

分かる範囲で、アドバイスは出来ると思いますので、聞いて下さい。

ブログでは、「どまんなかさん」のところでも情報がUPされてました

ので、訪問しては如何でしょうか。

No title

Chaosさん、こんばんは、ご訪問有難う御座います。

昨日、ケースに組み込み、現在、動作確認をしているのですが、

ケーブルの引き回しか、アースポイント問題か、少し異常発振

の兆候が有り、奮闘中です。

音だしが、何時になることやら?

No title

Xさんこんばんは色々とご指導お願い致します。

No title

完成おめでとうございます!
表面の化粧版をどうにかしたら
市販品と見間違えるほどの、完成度ですね
その後の報告が楽しみです
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR