電子VRのファームウェア組めるか? - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2012/02/02

電子VRのファームウェア組めるか?

NJW1159を動かす?
NJW1159のデータシートをみると、LATCH、CLOCK、DATAの3線シリアルインターフェースで、最初の8bitがボリューム設定データ、次の8bitがLch、Rch選択とチップセレクタ選択になり1回に計16bitのデータを転送する事に成ります。そして、NJW1159には、2回路(Lch、Rch)内蔵していますので、このデータを2回分、LchとRchに分けて転送するのだと思います。
 


 


電子VRの減衰量のコントロールを、ロータリーエンコーダやアップダウンSW、アナログ式ボリューム等と色々と考えたのですが、ボリュームはやはりアナログぽい方が良いので、アナログ式ボリュームで進めることにしました。
 
手順は、こんな感じでしょうか
1.アナログ式ボリュームで、電源電圧を分圧し、その電圧をAD変換でデジタル値に変換。
2.AD変換されたデジタル値から電子ボリュームの設定データを作る。
3.作った電子ボリュームの設定データを、シリアルデータとして電子VRのNJW1159に転送する。
※ これで、電子VRは動きますが、使用上、更にボリューム値を変更しますので、電源電圧の分圧電圧を監視する必要があるので、次の手順も追加しました。
4.電源電圧の分圧した電圧を、定期的に監視して、前回の値と比較する。
5.比較して、ある値を超えたら2.~3.の項目の手順を繰り返す。
 
ん~何時できるか?


ネットで参考に成りそうなソースコードを探します。

コメント

No title

Chaosさん、 アドバイス有難う御座います。

5.項のところ、もう一度見直しします。
>設定値が大きい場合に減衰量が大きくなる・・・負論理の扱いですので、ADの論理と整合させて下さい。
VRは減衰量ですからAD値と逆にしないとダメですよね。このへんは、どの様にしたら良いのかよく分かりませんが、電子VRのデータシートにある減衰量(1dBステップで0~-95dB)の表からマップを作りこのマップをROMに登録して、このマップからAD変換値と結び付けて、電子VRの制御データを作ろうと考えていますが、私にできるか。

PICは、8ピンの「12F683」を使用する予定です。クロックは内部で8MHzで考えています。
ポートのwaiting設定も必要ですね。
頑張ってみます。

No title

いさおさん、

ボケ防止に、ファームウエアを組もうと思っていますが、かなり難しいです。
Chaosさんにアドバイス戴いてますが、まあ、私一人では無理ですね。

No title

こんばんは。

ADのデータが正論理の場合、C言語では、『~演算子』(ビット反転:1の補数)を使えば簡単に負論理データに変換できます。
または、『0xff-(ADのデータ)』でも良いと思います。

PICは、ピン数が多くても書き込み用ピンを専用で使えば、基板実装状態のままプログラム修正ができますので、そちらの方が便利だと思います。
それと、ADを2チャンネル以上内蔵したタイプにしたいですね。

No title

私もそろそろマルチアンプ用の電子ボリュームの開発を再開したいところですが、今はミッドバスユニットの件で手いっぱいです。

それから、音量コントロールはリモコン操作が必要で無ければアナログ式ボリューム方式が一番良いですね。私の場合はアップダウンSW方式でマルチとリモコンに対応する予定です。電源OFF時には設定値をEEPROMに保持しす必要があります。

お互い頑張りましょうね。

No title

出来れば設定値はEEPROMにストアして、次回電源を入れたときに前の値を設定するのが良いのですが, 私は面倒なので 都度VRの設定を読んでいます。 売り物ではないのでまあ問題ないです. 設定値は常時読んでいます。 前回の値よりそこそこ変化したときに新しい値をLM1972 に送るようにしています。 10bitのAD ですが 実質上位6ビット位しか使っていません。 これくらい荒くしないと かなり頻繁にデータ更新されてしまいました。
MUSE72320 は電源が +/-18V まで取れるので 次はこれを使って見ようかと思います。 SPIモードを持っている 12F1822を検討中というか頭の中で色々と妄想のように考えています。 私の場合それよりDAを仕上げないといけないので。
PICのProgram はNetで色々と見つかります。 私も随分と参考にさせてもらいました。 それ以上にデータシートは読みました。
頑張って下さい。 動くと面白いです。

No title

うわ~
頑張ってください!

No title

Chaosさん、 お早う御座います。

>ADのデータが正論理の場合、C言語では、『~演算子』(ビット反転:1の補数)・・・または、『0xff-(ADのデータ)』でも良いと思います。
全然勉強が足りませんね。Chaosさんに感謝感謝です。

>PICは、ピン数が多くても書き込み用ピンを専用で使えば、基板実装状態のままプログラム修正ができます・・・
そこまで気が付きませんでした。書込み専用端子が有ると便利ですね。

>ADを2チャンネル以上内蔵したタイプにしたいですね。
これは、何故ですか? 色々と使えるからですか。

使い方で色々と変わると思いますが、Chaosさんお勧めのPICは有りますか?
PICは、値段からして16F88、16F818、16F819当たりが良いかなぁ。

No title

Myuさん、お早う御座います。

5wayマルチスピーカーを、アキュフェーズのデジタルチャンデバと自作の5ch電子VRで構成したら凄いシステムになりますね。
ミッドバスユニットの方も頑張って下さい。

Myuさんは、アップダウンSW方式でマルチとリモコンですか、凄すぎて私には無理です。
私もMyuさんに負けないように頑張ります。

No title

電気屋おじさん、 お早う御座います。

有難う御座います。
>設定値は常時読んでいます。 ・・・ 10bitのAD ですが 実質上位6ビット位しか使っていません。 これくらい荒くしないと かなり頻繁にデータ更新されてしまいました。
参考になります。このへんが良く分からないところでした。

MUSE72320ですが、先週とその前の週に秋月に行って、確認したら在庫切れでした。早めに確保しておかないとダメですかね。

DACの方も完成するよう頑張って下さいね。

ところで、参考までにPICは何を使っていますか?

No title

紺青の海さん、 お早う御座います。

有難う御座います。頑張ります。

No title

お早うございます。

>書込み専用端子が有ると便利ですね。

はい、特に試作でデバッグ時に頻繁に修正する場合はオンボード書き込みが楽です。

>これは、何故ですか?

RLのVRから値を読み取る場合、PICに内蔵していれば外部にADを設ける必要がありませんので。

>Chaosさんお勧めのPICは有りますか?

ザッと見た程度ですが、16F88あたりで良いのでは?
内蔵クロックとして、32kHzから使えますので、セットアップのwaitも気にしなくて良くなると思います。
VR値を定期的に読むくらいの速度ですから、高速にする必要は無いですね。

No title

Chaosさん、有難う御座います。

PICは、16F88が良いですか。
でもPICは安いから助かります。

No title

私も16F88は良い選択と思います。私の場合はADCが不要なので16F87を使用する予定です。

No title

Myuさん、 お早う御座います。

>私の場合はADCが不要なので16F87を使用する予定です。
Myuさんは、16F87ですね。データシートを見ながら検討してみます。

No title

こんにちは, 私は12F675を使っています。 ADが4chも入っていますが,1chだけ使ってます。 R/Lは独立させるつもりは無かったので。
SPI はGPIO をソフトで On/Off させてデータを送っています。 データをシフトして0/1を判断して シリアル用のデータポートを0/1にセット,それを単純に8回繰り返してます。 VRだけなので8pinで十分だと思いまして。それに初めてのPICだったのでなるべく簡単な方が良いと考えました。

No title

電気屋おじさん、お早う御座います。

12F675をお使いですか、簡単なプログラムでしたら12F675で十分ですね。色々と検討してみます。

>SPI はGPIO をソフトで On/Off させてデータを送っています。 データをシフトして0/1を判断して シリアル用のデータポートを0/1にセット,それを単純に8回繰り返してます。
すごく参考になります。有難う御座います。(=^▽^)ノ☆ぁりが㌧ww

ところで、電源ON/OFF時のポップノイズはどうしていますか? 私は、PICでミューティング回路をコントロールするコントロール信号もあった方が良いかなと思っています。

No title

POPノイズですが、藤原さんのキットではPIC制御でリレーを使った遅延回路を組んでいます。
遅延信号は外部でも使えるように基板上に出てきています。
これを使ってパワーアンプの出力リレーも動かせます。

No title

紺青の海さん、 お早う御座います。

>藤原さんのキットではPIC制御でリレーを使った遅延回路を組んでいます。
情報有難う御座います。 ポップノイズ対策を取っているのですね。
この辺も考える必要がありますねぇ。

No title

こんにちは。 POPノイズ対策は入れていません。 Pre-->Power の順に電源を入れて凌いでいます。Power はTA2020(カマ電のkit)で、こちらはMute端子でPOPが出ないようにしてます。 Preも何かした方が良いですね。 今度考えてみます。 信号pathに何も入れたくないので 電源の投入順序とかで逃れられるかな。

No title

電気屋おじさん、 お早う御座います。

POPノイズ対策は、していませんか。アンプとプリアンプの電源の入れる順番を守れば、特に問題ないのですが、たまに、順番を間違える時があるのでミュート信号が出るように考えた方が良いかなと思っています。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR