LPF-アンプ基板-3 - フルバランスアンプ (X_Under bar)

        
2011/09/13

LPF-アンプ基板-3

LPF-アンプ基板、やっと完成。
 
表面:

 
裏面:

 
両面ベタアースにしました。
 
次は、ディスクリートの電源基板です。
 

コメント

No title

綺麗に対象パターンですね. 綺麗なパターンは良い音につながると信じています

No title

電気屋おじさん、 お早う御座います。

有難う御座います。
回路が複雑になり過ぎて、Lch、Rch別基板になってしまいました。
DAC基板を含めて、基板の試作を何処に出すか検討中です。

No title

おはようございます。

見事な基板設計です。何度見ても、素晴らしい!! きっといい
音が出るんでしょうね。

ところで、画像右端のバージョン表示で、「X Unde bar」となって
いますが、わざと「Unde」として、「r」を取ったんですか?

No title

兵庫の耳悪オヤジさん、 こんにちは、

有難う御座います。

>わざと「Unde」として、「r」を取ったんですか?
「r」 が抜けてますね。気が付きませんでした。ご指摘有難う御座います。
他にも間違いが有りそうです。もう少し、基板を確認しないとダメですね。

No title

わたしも基板作りたいです。

今まで作った窪田アンプの基板を全て70μで作り直したいです(笑

No title

どまんなかさん、こんにちは、

EAGLE CAD 等を使えば、無償で基板の設計ができます。
基板の試作は、海外の基板メーカーに出せば、かなり安く試作できるようです。

>今まで作った窪田アンプの基板を全て70μで作り直したいです(笑
70μですか、私は35μの標準品を使う予定です。
お金が有れば、70μにしたいところですが、今回の基板は、35μで試作依頼しようと考えてます。

No title

pcbeというのを何年か前にインストールしましたが、マスターせずにです。EAGLEというのは簡便でしょうか・・ いろいろ便利な世の中ですが、難しいですね(汗

No title

どまんなかさん、 お早う御座います。

無料で使え機能が充実している基板CADは、EAGLE CADになると思います。ただ、基板の大きさに制限が有ります。

今月号(10月号)のトランジスター技術は、EAGLE CAD特集ですので、参考になると思いますよ。 私は買いました。
非公開コメント

    

プロフィール

X_Under bar

Author:X_Under bar
Full balance amplifier

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

I welcome your visit.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR